学校に通って得する?デザイン専門学校のメリット

専門学校に通うと、プロの講師陣に囲まれデザインを学べる!

senmon.com

学校に通って得する?デザイン専門学校のメリット

男女

アドバイスを貰える

デザインの専門学校には様々な講師がいます。各分野ごとにいる講師は専門的な知識に特化しているプロの講師です。そういった講師からデザインを学ぶことが出来るのは大きなメリットです。また、卒業生の人がプロとして活躍している人も多く、講習などで話を聞くことも出来ます。また、実際にアドバイスをもらえることもできます。

デザインコンペ

デザイナーを目指す学生が腕試しで出るデザインコンペに出場することが出来るのもメリットです。デザインコンペに参加することで、自分がどの位置にいるのかを確認することができ、賞を受賞することによって、就職にもとても有利になります。デザインコンペは様々行われているので、確認してみましょう。

学費の疑問

デザインの専門学校は何年制ですが?

専門学校によって異なりますが、一年制と二年制が多いようです。入学金はどちらとも、10万円が相場になっています。学科によっても異なることがあるので、希望の専門学校のサイトを調べてみると良いでしょう。

年間の学費はどのくらいですか?

デザインの専門学校は150万円が相場になります。入学金・設備充当費・年間授業料の合計の費用です。学費も専門学校や学科によって異なるので確認しましょう。学費に含まれていない、資格受験費などの確認もしておきましょう。

奨学金制度はありますか?

奨学金制度は殆どの学校で利用することができます。奨学金制度が利用できない学校は最終学歴として学歴を残すことができないことがあるので気を付けましょう。また、学内奨学金などもあるので確認しましょう。

教材費はどのくらいかかりますか?

学科によって教材費は異なりますが、大体15万円程度です。進級した際には、新たな教材を利用するため、学年が長くなるほど費用は高くついてしまいます。

学費以外に必要な費用は?

学費には含まれていない費用が多くあります。作品を作成する際の材料費やコンテストなどに出る費用など別途で必要となってきます。余裕を持った予算を準備しておきましょう。

専門学校の卒業生の声

サポートが充実している

専門学校では、様々なサポートが充実しているので専門学校の二年間はとても安心して生活できました。一年次から、就職対策の授業などがあります。また、進路指導部の方も親身に相談にのってくれるのでオススメです。

技能の授業が多くて楽しい

座学の授業ももちろんありますが、デザインの専門学校は技能の授業が多く、楽しんで授業を受けることができます。講師の先生達もそれぞれ個性があり、授業を受けているのがとても楽しかったです。

就職先でも役立つ授業

授業内容がしっかりしているので、資格を取る際にとても役立ちました。専門学校の先生も親身に授業を行なってくれるので、とても質の高い授業を受けることができました。就職した今でも、専門学校で学んだ事が役に立っています。